top of page
008_0014__クリップグループ_.png
007_0000s_0004_レイヤー-3.png
​丁寧に仕上げていきます

​ひとつ、ひとつ真心込めて

001_0018__クリップグループ_.png
刻字骨つぼとは

​弊社では告示する字体や骨壷の種類によってレーザー機器を用いたレーザー刻字、金剛砂をコンプレッサーで表面に吹きつけて彫刻していくサンドブラスト技法を採用しております。彫刻面の深さや裸足といった繊細かつ微妙な変化に気をつけながら、スタッフが一つ1つ真心込めて御名前を刻んでいきます。

​サンドブラスト

​俗名や言葉を、サンドブラストという手法によって、匠の技で刻字(彫刻)した骨つぼです。仕上がりの金地が、とても美しく、深みのある一品です。ペイントとは違って、永続的に消えることがなく、ほとんどの骨つぼに​俗名を刻字することができます。

​唯一無二のサービス

​お客様のご要望に応じて、故人の名前やメッセージを骨壷に刻むことで、他者にはない独自のサービスを提供できます。

​顧客満足度の向上

​パーソナライズされたサービスを提供することで、顧客の満足度を高めることができます。

​付加価値の提供

​骨つぼに刻字をするこよで、他葬儀社との差別化が図られ葬祭サービスに付加価値が提供できるため、販売価格の設定に柔軟性が生まれます。

001_0018__クリップグループ_.png
骨つぼに御名前を

刻字すべき理由…

​人と人とのつながりが希薄化している時代、核家族化が加速していく昨今、後世遺された人々の記憶の中で生き続けられる証として、告示は今選ばれています。

​なぜ刻字が必要なのか?

​骨つぼに名前を告示することで

納骨堂(カロート)へ納めた後にも、

どなたのご遺骨であるのか明確にすることができます。

以前は骨つぼに名前を明記する風習はありませんでしたが、

​近年では名前を書くことも多くなってきています。

​刻字なら半永久的に残ります

ご遺骨は納骨堂がいっぱいになった段階で

土に返していたので、特に子を確認する必要はありませんでした。

しかし最近では何時かの回忌等で骨つぼからあけたり、

改葬のために個を特定しなければならない必要が増えてきました。

どなたのご遺骨なのかを特定するためには、

油性ペンで書く、シールを貼るといった

さまざまは手法が用いられていますが、

経年とともに消えてしまったり剥がれてしまったりと、

意味のなさないものになってしまいます。

​その点、刻字であれば半永久的に残るので、いつまでもご遺骨の特定が容易となります。

​生きた証を後世に伝える

​後世、誰からも記憶されず生きた証もなく、誰のご遺骨かもわからず無になっていくだであったら、この世に生を受けたこと自体が虚しくなってしまいます。

​北海商事について

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

28658418_s.jpg
610437_m.jpg
​葬儀関連について

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

​リサイクルショップについて
0611 (1)-6.png
0611 (1)-6.png

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

bottom of page